花火の煙とアレルギー反応

今年の花粉は強力ですね~。

私はなかなか重めの花粉症なのですが今秋は例年通りの期間薬を飲んでも治まらず苦戦中です・・・

程度や種類はあれどアレルギーというものは辛いですよね。

というわけで今日は花火とアレルギー反応に関してのお話です!

花火でアレルギーと聞くとピンと来ないかもしれませんが端的に言えば「煙」のことです。

大人でもあまり花火の煙を吸いすぎると咽たりしますが、小さいお子さんだと極端に吸い過ぎると喘息になる恐れがあったりと

意外に重要なことだったりします。

火薬に使われている化学物質によるアレルギー反応が主に引き起こすものですね。

ここまでだと花火ってあまりやらないほうが良いのでは?と思われてしまうかもしれませんが当然対策はバッチリあります!

要は煙が顔の方面に来なければいいのです。

花火をやるときは必ず風上に立って遊びましょう!

これにより煙は風下へ流れ、煙を吸わずに花火を楽しむことができます。

ちなみにこの方法は安全のためだけでなくより綺麗に見るためにも合理的です。

手持ち花火を風上から風に流してあげることでより美しく滝のように吹き出るのでとてもオススメです!

小さいお子様の居る場合はぜひ、大人の方が風向きに気をつけてあげてください。

ご来店くださるお客様がたくさんの思い出を語ってくださいますが、「小さい頃の夏の花火」の話題は皆さん楽しそうに話されます。

小さなことに気をつけて大きな楽しい思い出をぜひ作っていってくださいね!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL